スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の日記は楽しい

"

よく食べる鍋の種類ランキング http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150127-00010008-dime-soci

 1月も残すところあとわずか。相変わらず厳しい寒さが続いている。寒い冬は、あたたかい『鍋』が食べたくなる。株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』の利用者に対し、『鍋』をテーマにした調査を行なったところ、最もよく食べられている鍋の種類は『キムチ鍋』で、人気の具は『白菜』という結果になった。■鍋の“種類”総合ランキングの1位は『キムチ鍋』、2位は『寄せ鍋』、3位は『水炊き』 キムチ鍋は、1980年代後半に全国で起こった食品の『激辛ブーム』の一つとして世の中に広まり、今では各社が実施する“好きな鍋”ランキングでも、上位にランクインするようになった。手軽に作れて具材の幅も広いキムチ鍋は、好きなだけではなく“よく食べる定番の鍋”としても、日本に定着していることが伺える。 【総合結果】 1位…キムチ鍋(496票) 2位…寄せ鍋(380票) 3位…水炊き(357票)  また、出身都道府県別ランキングでは、地域や都道府県によって違いが見られた。全体を通して見ると、やはり総合ランキングの上位であったものが、都道府県別でも数多くTOP3にランクインしている。地域別の傾向を見てみると、北海道や東北、関東、中部は『キムチ鍋』、北陸や関西は『寄せ鍋』、中国・四国から九州にかけては『水炊き』が、多くの県で1位を獲得している。そんな中、秋田県では『きりたんぽ鍋』、石川県では『鶏野菜鍋』、福岡県では『もつ鍋』と、“ご当地鍋”が1位を獲得している県も。また、沖縄県では、気候が温暖なためか、『すき焼き』が1位となっている。  続いて、よく食べる鍋の『種類』と合わせて、鍋に欠かせない『具』を聞いたところ、1位は『白菜』となった。2位の『豆腐』に2倍近い差をつけて、ダントツの1位となっている。白菜・豆腐を筆頭に、鍋の定番といえるような具が、TOP10のほとんどを占める結果となった。【総合結果】 1位…白菜(527票) 2位…豆腐(293票) 3位…豚肉(178票) <鍋に欠かせない具TOP3・回答者から寄せられたコメント> ■白菜・白菜が大好きです!あっさりしていてたくさん食べられます。ゆずポンで食べるのが好きです。(30代・女性) ■豆腐・鍋のメイン食材が魚でもお肉でも必ず入れます。つるんとしたのど越しが最高!お腹の中から温かくなり、舌をリセットしてくれる。脇役としてどの鍋とも合うからです。(50代・男性) ■豚肉・豚肉はビタミンも豊富だから。(20代・女性)・あっさりしていて、スタミナがつくような気がするから。(30代・男性) <こだわり派&少数派のコメント>・チーズ(5票)…〆のチーズリゾットは最高!(20代・男性)・白子(3票)…ただ大好物だから。(30代・女性)・からすがれい(1票)…とろける食感がたまらない(40代・男性)・コラーゲンボール(1票)…コクが出る。(40代・男性)・チョリソー(1票)…辛くておいしいから。(20代・男性)・レタス(2票)…甘みがあっておすすめです!(30代・男性)  鍋の最後に楽しむ『シメ』で、最も人気が高かったのは『ご飯』となった。45%と、約半数の人が“ご飯派”であることが分かる。また、『うどん』も38%と、ご飯に続く高い人気を見せており、鍋の最後のシメは『ご飯派』と『うどん派』で二分する形となっている。3位は『中華麺』で14%となっており、『その他』には、『きしめん』や『ちゃんぽん麺』、『パスタ』などの回答が挙がった。 ご飯…45% うどん…38% 中華麺…14% その他…3% 【調査概要】 調査エリア :全国 調査方法  :サイトを利用し実際に引越した方を対象にインターネットアンケートを実施 サンプル数 :2,249件 調査期間  :2014年12月~2015年1月



"

『引越し会社ランキング』、【アート引越センター[アートコーポレーション]】が4年連続1位 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000341-oric-life

 オリコンは先ごろ、「2015年度 オリコン顧客満足度ランキング『引越し会社』」を発表。第1位に【アート引越センター[アートコーポレーション]】が選ばれた。なお、同ランキングでの総合トップは今回で4年連続となり、その満足度は76.01点。2位には75.93点で【アリさんマークの引越社 [引越社]】が、3位には75.68点で【ハート引越センター [ハート引越センター]】がランクインしている。引越し準備特集 項目別のランキングを見ると、【アート引越センター】は「営業スタッフの接客対応」、「付加サービス」、「アフターフォロー」の3項目で1位を獲得。「現場スタッフの接客対応」でも2位に選ばれており、接客応対やサービスのクオリティが総合満足度の高さにつながったと言えるだろう。 また、「提案プランの正確さ」では【アリさんマークの引越社】が、「作業内容」ではサカイ引越センター【引越のサカイ[サカイ引越センター]】が1位となった。総合でも2位を獲得した【アリさんマークの引越社】は、全7項目のランキングでいずれもベスト5以内に入るなど、総合的に満足度が高い。一方、【引越のサカイ】は総合満足度で75.49点で4位に選ばれており、項目別では「付加サービス」が2位に、「現場スタッフの接客対応」と「アフターフォロー」が3位にランクインするなど、引越しスタッフのレベルの高さがうかがえる結果となった。 【引越のサカイ】と同様、スタッフ満足度が高かったのが、【赤帽の引越し[全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会]】だ。総合満足度こそ74.10点の10位だが、「現場スタッフの接客対応」と「コストパフォーマンス」で1位を記録。「作業内容」でも2位となっており、現場と価格を重視した姿勢が高い評価を受けている。 その他、今回の調査では、「引越し会社を選ぶ際に重視した項目」(複数回答)についてもユーザーに話を聞いている。そのなかでも最も多かったのが「手際のよさ・作業の丁寧さ」で、68.4%の人が重視すると回答した。以下2位は67.8%で「サービス内容に対する価格」、3位は67.1%で「最適な引越しプランの提案」、4位は61.1%で「営業・問合せ窓口スタッフの接客対応」となっている。 なお、【アート引越センター】は上記「引越し会社を選ぶ際に重視した項目」のうち「営業スタッフの接客対応」で1位を記録。【アリさんマークの引越社】は「提案プランの正確さ」で1位に選ばれ、【ハート引越センター】は「コストパフォーマンス」で2位に、「提案プランの正確さ」で3位に選ばれるなど、総合ランキングと重視項目の間には共通点が見られた。やはり引越しへのユーザーニーズに的確に応えたことが、高い総合満足度につながったといえるだろう。【調査概要】◆調査期間:2014/10/03~2014/10/7◆回答者数:16,483サンプル◆調査対象者性別:男女、年齢:18歳以上、地域:全国、条件:過去5年以内に引越し会社を利用して引越しを行い、会社選定に関与した人

引越し 見積もり 安い
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。