スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わしの日記について

よく食べる鍋の種類ランキング http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150127-00010008-dime-soci

 1月も残すところあとわずか。相変わらず厳しい寒さが続いている。寒い冬は、あたたかい『鍋』が食べたくなる。株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』の利用者に対し、『鍋』をテーマにした調査を行なったところ、最もよく食べられている鍋の種類は『キムチ鍋』で、人気の具は『白菜』という結果になった。■鍋の“種類”総合ランキングの1位は『キムチ鍋』、2位は『寄せ鍋』、3位は『水炊き』 キムチ鍋は、1980年代後半に全国で起こった食品の『激辛ブーム』の一つとして世の中に広まり、今では各社が実施する“好きな鍋”ランキングでも、上位にランクインするようになった。手軽に作れて具材の幅も広いキムチ鍋は、好きなだけではなく“よく食べる定番の鍋”としても、日本に定着していることが伺える。 【総合結果】 1位…キムチ鍋(496票) 2位…寄せ鍋(380票) 3位…水炊き(357票)  また、出身都道府県別ランキングでは、地域や都道府県によって違いが見られた。全体を通して見ると、やはり総合ランキングの上位であったものが、都道府県別でも数多くTOP3にランクインしている。地域別の傾向を見てみると、北海道や東北、関東、中部は『キムチ鍋』、北陸や関西は『寄せ鍋』、中国・四国から九州にかけては『水炊き』が、多くの県で1位を獲得している。そんな中、秋田県では『きりたんぽ鍋』、石川県では『鶏野菜鍋』、福岡県では『もつ鍋』と、“ご当地鍋”が1位を獲得している県も。また、沖縄県では、気候が温暖なためか、『すき焼き』が1位となっている。  続いて、よく食べる鍋の『種類』と合わせて、鍋に欠かせない『具』を聞いたところ、1位は『白菜』となった。2位の『豆腐』に2倍近い差をつけて、ダントツの1位となっている。白菜・豆腐を筆頭に、鍋の定番といえるような具が、TOP10のほとんどを占める結果となった。【総合結果】 1位…白菜(527票) 2位…豆腐(293票) 3位…豚肉(178票) <鍋に欠かせない具TOP3・回答者から寄せられたコメント> ■白菜・白菜が大好きです!あっさりしていてたくさん食べられます。ゆずポンで食べるのが好きです。(30代・女性) ■豆腐・鍋のメイン食材が魚でもお肉でも必ず入れます。つるんとしたのど越しが最高!お腹の中から温かくなり、舌をリセットしてくれる。脇役としてどの鍋とも合うからです。(50代・男性) ■豚肉・豚肉はビタミンも豊富だから。(20代・女性)・あっさりしていて、スタミナがつくような気がするから。(30代・男性) <こだわり派&少数派のコメント>・チーズ(5票)…〆のチーズリゾットは最高!(20代・男性)・白子(3票)…ただ大好物だから。(30代・女性)・からすがれい(1票)…とろける食感がたまらない(40代・男性)・コラーゲンボール(1票)…コクが出る。(40代・男性)・チョリソー(1票)…辛くておいしいから。(20代・男性)・レタス(2票)…甘みがあっておすすめです!(30代・男性)  鍋の最後に楽しむ『シメ』で、最も人気が高かったのは『ご飯』となった。45%と、約半数の人が“ご飯派”であることが分かる。また、『うどん』も38%と、ご飯に続く高い人気を見せており、鍋の最後のシメは『ご飯派』と『うどん派』で二分する形となっている。3位は『中華麺』で14%となっており、『その他』には、『きしめん』や『ちゃんぽん麺』、『パスタ』などの回答が挙がった。 ご飯…45% うどん…38% 中華麺…14% その他…3% 【調査概要】 調査エリア :全国 調査方法  :サイトを利用し実際に引越した方を対象にインターネットアンケートを実施 サンプル数 :2,249件 調査期間  :2014年12月~2015年1月



"

女性一人でも家を購入 今どきのモチイエ女子事情とは? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00076733-suumoj-life

マイホーム購入は多くの人にとって人生の一大イベント。一般的には、 “家族”や“結婚”とセットで考えられることが多いものです。しかし、独身の女性も家を購入するケースは珍しくありません。そんな、「モチイエ女子」の実態に迫ってみました。■一人行動が得意でしっかり者?「モチイエ女子」の実態とは独身ながら自らの城を持ち、自立した生活をおくる「モチイエ女子」。いったいどんな人たちなのでしょうか?その実態を読み解くうえで参考になりそうなのが、三井不動産レジデンシャルが進めている「モチイエ女子project」。「モチイエ女子」「賃貸一人暮らし女子」「実家女子」の3タイプに分けて、生活実態にまつわるリサーチなどを行っています。同projectの調査によれば、モチイエ女子の特徴がよく表れているのが「外出せずに家にいても平気な平均日数」。実家女子が「7.6日」、賃貸一人暮らし女子は「5.6日」だったのに対し、モチイエ女子は「10.0日」。また、「1カ月以上外出しないで平気」な人も、モチイエ女子が15.4%と割合が最も高く、実家暮らしの9.6%、一人暮らし女子の4.8%に大差をつけました。自分のこだわりが詰まった家に居心地の良さを感じ、家で過ごす時間を大切にしていることがうかがえます。【画像1】外出せずに、家にずっといても平気な日数(出典:「女子イエナカ研究所」(モチイエ女子project)さらに、モチイエ女子の特徴として挙げられるのが、鋭い金銭感覚に基づく計画的な資産管理。「国民健康保険以外に、自分に合った保険に入っている」という質問に対しては、モチイエ女子の64.7%が「当てはまる」と回答。「株などに投資している」についても、モチイエ女子が32.4%と最も高い結果になっています。そもそも、家を購入するときには大金が動きますので、現在のお財布事情だけでなく、将来を見すえて、なにかあったときのリスクをどのように軽減するか考えることは必須。そうした意味でも、保険加入や資産運用などをおろそかにしない“しっかり者“の側面は、単独で家を購入するにあたって必要不可欠な要素といえるかもしれません。また、モチイエ女子は“一人行動”も得意な様子。例えば、「一人で夕食をとる」日数は「友人と食事をする」日数よりも多く、賃貸一人暮らし女子や実家女子とは真逆の傾向にあります。ほかにも、「家で一人でお酒を飲むのはどんなとき?」については、「習慣になっていて、毎日飲む」というモチイエ女子が15.4%と、続く賃貸一人暮らし女子に10ポイント近い差をつける結果に。ちなみに「ストレスを発散したいとき」にお酒を飲むという回答は、賃貸一人暮らし女子が14.4%でトップ、モチイエ女子は4.8%にとどまりました。モチイエ女子はストレスが溜まっているからお酒を飲んでいるのではなく、あくまでも嗜好品のひとつとして愉しんでいる模様。また、モチイエ女子は「耐えうる賞味期限切れ平均日数」について、醤油やお米、肉など10品目すべてにおいて「耐えうる賞味期限切れ日数」が他よりも長かったことから、ワイルドでたくましい一面が見て取れます。細かいことを気にしすぎていたら、一人で家という大きな買い物はできない、ということなのかもしれません。【画像2】家で一人でお酒を飲むのはどんなとき?(出典:「女子イエナカ研究所」(モチイエ女子project)■堅実?痛い?モチイエ女子のイメージとは「モチイエ女子project」では、「独身で家を購入した女性」のイメージについて、25歳から45歳までの女性を対象にしたアンケートも実施。その回答の一部を見てみると、「自立している」が当てはまるという人が43.6%、次いで「決断力がある」が37.8%、「強い、たくましい」が35.3%という結果に。賃貸一人暮らし女子から見たモチイエ女子は、「自立している、決断力がある、強い」というキーワードが、また実家女子から見た場合、「コツコツ貯金できる、堅実で真面目」といったキーワードが浮かび上がりました。また、実家暮らし女子と賃貸一人暮らし女子に実際に話を聞いてみると、モチイエ女子は“しっかりし過ぎている”という印象もあるようです。なかには、「独身で家を買ったら男性に引かれそう」(29歳・実家女子)、「寂しい人って思われそう」(30歳・賃貸一人暮らし女子)、「ちょっと痛いかな……」(27歳・実家女子)、などといった声もちらほら。しかし、基本的には「憧れ」「カッコいい!」といったポジティブな意見が目立ちます。さらに、将来は「モチイエ女子になりたい!」と望む一人暮らしの女性たちに話を聞いてみると、こんなコメントも。「賃貸で10年暮らして、振り返ってみると1000万近いお金が掛かっていました。引越しが多かったり、色々なところに住んでみたいという人は賃貸が適していると思いますが、私の場合はこんなにお金を使っていたなら家を買っておけば良かったと後悔してます」(34歳・独身・賃貸一人暮らし女子)「20代で結婚できると根拠もなく信じていましたが、気づいたら40歳を目前にいまだ独身。住居のことは二の次でしたが、この年になるとこのままずっと賃貸か……と不安にもなります。若いころは遊びや仕事に夢中になることも大切ですが、住まいをどうするかを含め早めに堅実な人生設計を立てることは必須!と声を大にして言いたいです」(38歳・独身・賃貸一人暮らし女子)家を買うにはそれなりの知識やたくましさも必要ですが、特別なこととしてではなく現実的な選択肢のひとつとして、独身時代の住宅購入も念頭に置いてもいいのではないでしょうか。社会で活躍する女性が増える昨今。“おひとり様”なるワードも生まれ、成熟した女性が家族を持たずに、ひとり暮らしを前向きに選ぶことが珍しくない時代です。それは、ときに結婚生活や子育てをする場として捉えがちなマイホームの購入でも同じこと。住まいを賢く購入していれば、結婚して家庭を持つことになっても、持ち家は資産として自分たちを助けてくれるでしょう。とにもかくにも、家を購入するにあたっては資金繰りも必要。手始めに、マイホーム購入のための貯金にトライしてみてもいいかもしれません。●モチイエ女子project WebサイトHP:http://www.mochiiejoshi.com/mj/

引越し 札幌 料金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。