スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の日記はどうなるのか?

"

“号泣動画”で話題の緑川百々子から13歳のジュニアアイドルまで! “注目アイドル”が盛りだくさんだった「ミスiD2015」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141008-00010000-otapolz-ent

 ファッション誌「ViVi」(講談社)専属モデルの玉城ティナ。あるいは、来年1月公開の映画『ワンダフルワールドエンド』で女優・橋本愛とW主演することで話題の蒼波純。そんな彼女たちが過去にグランプリを獲得したことでも知られる講談社主催のアイドルオーディション企画「ミスiD(アイドル)」。コンセプトは「“新しいタイプの女の子”を発掘し、育てる」こと。初開催後まだ3年ながら、ほかのアイドルオーディションでは見られないような、かなり個性的な女の子が集まることで注目を集めている。そのような中、「ミスiD2015」の受賞者のお披露目会が9月27日(土)、お台場・東京ジョイポリス1st Floorメインステージにて開催された。 このイベントには、応募者約4000名の中からWグランプリを獲得した金子理江(16)と水野しず(25)、さらに黒宮れい(13)といった7名の受賞者、そして20名以上のファイナリストが登場。MCは寺嶋由芙(ミスiD2014)、アシスタントは蒼波純が務めつつ進行したが、まずは、20名以上のファイナリスたちの中から、目立ったアピールを行った未来の“要注目アイドル”を紹介しよう。■「ナイスバディ」「大食い」…さらには“米推し”アイドルが登場! 草野絵美賞を受賞し、昔の農民のような衣装で登場した祝茉莉(19)は、“米推し”であることを主張するため、実家で栽培した生米を客席に投げつけるパフォーマンスを披露。イベント後の掃除を心配してしまうほど大量の米をバラ撒いていた。 堀越千史(17)は、東京女子流が主演した映画『5つ数えれば君の夢』を監督し、少女を撮ることに定評がある山戸結希から「絶対に一緒に爆発したいなあ、と強く願いました。堀越さんにお会いできて良かったです、堀越さんに私のありうる時間を注ぎたい、そう願いました」と絶賛され、山戸結希賞を送られた、自撮りが趣味の高校3年生。「これからも仲良くして下さい」と素朴なコメントを残した。 ほかにも、ナイスバディをアピールしたグラビア志望の咲村良子(18)、妖精のようなルックスが存在感を放っていた、アイドルグループ・White Laceのマーシュ彩(13)、テレビ東京の『元祖!大食い王決定戦』に出場したことがある新人大食いフードファイター・桝渕祥与(22)など魅力的なアイドルが見られた。■“野々村系”女子、ジュニアアイドル…「ミスiD2015」は個性豊か!? 続いてミスiD2015を獲得した黒宮れい(13)、近藤那央(18)、篠崎こころ(21)、都丸紗也華(18)、緑川百々子(20)、山田愛奈(16)、 来夢(17)の7名と、「すべての女の子はアイドルである賞」を獲得したファンタジスタさくらだ(29)と深海誉(年齢不詳)の、計9名が登場。 約50本のイメージDVDをリリースし、水着系ジュニアアイドルとしてトップの人気を誇る中学2年生の黒宮は、ヘソ出しのロックスタイルの衣装で登場。Twitterで「絶対グランプリになってやる。本気だから。黒宮れいなめんじゃねぇよ」など、挑発的なコメントを残したことも話題になった彼女だが、この日も「グランプリを頂けなかった黒宮れいです」と悔しさを滲ませるコメントをしていた。その後は、グランプリの水野しずが、水野と黒宮と金子を描いた紙を丸めて客席に投げ、会場のファンにプレゼントする、というパフォーマンスで場内を沸かせた。 緑川百々子は、今年のミスiDの審査の段階で最も話題となった女の子だ。オーディション動画で感情を爆発させ号泣し、「野々村系号泣女子」として各種メディアが紹介。動画はほかの候補者と比べてケタ違いの再生回数を叩き出し、企画自体の周知に大きく貢献した。今回グランプリを逃したことでコメントに注目が集まっていたが、ステージ上で発したのは「ありがとうございました」の一言だけ。逆に強いインパクトを残していた。後で理由を聞くと笑顔で「話すことがなかったので」とあっけらかんと答えていた。意図せず人の注目を集めてしまう彼女は、その才能で今後もサブカルアイコンとして独自の道を歩んで行くに違いない。 ほか「5年後には私がスマホよりもっといいものを作ります!」と、リアルなペンギンのロボットを抱えて自己アピールを行った東工大附属機械科卒で慶應大1年の近藤、開口一番「私が『金髪!』と言ったら『クソヤロー!』と返してください」と、観客にコール&レスポンスを要求した篠崎、「将来は女優になりたい」と夢を語った都丸、制服姿で特技の新体操を披露した高校1年生の山田、「スターダストプロモーションに11年間所属していまーす」とだけコメントした来夢のパフォーマンスが展開された。 そして最後にWグランプリの金子理江と水野しずが登場。金子は最終オーディションに8時間の大遅刻をしたことを泣きながら詫びた後、事前に練習したという挨拶の内容を忘れ、黙ってしまうという事態に。ステージ端にいた実行委員長の小林に助けを請う視線を投げ掛けながらも、「グランプリを獲った以上、私を選んでくれた審査員のみなさんにも、応援してくれたみなさんにも、金子理江をグランプリにして良かったなって、間違ってなかったなって後悔させないために、これからもっともっと頑張るので、皆さん応援よろしくお願いします」と、真摯に語った。「個性がないとか言われてきたんですけど、本当は見せてないだけなので、隠れてるかもしれないので、見つけにきてください。私持ってます!」とスピーチを結んだ。 一方、水野しずはクレオパトラに扮し、「従者」と紹介したメガネの女性とともにステージに前方へ進み、突如「エジプトショートコント バリウム」「エジプトショートコント2 おせち料理」を披露。観客はほとんど失笑という反応だったが、従者の女性がタイミング良く大きな葉を振るという努力がステージで光っていた。最後に「エジプトに意味はありません」と説明、さらに「どういう気持ちになったらいいかわからなくて、逆にすごい冷静になっちゃったんですよ」と現在の心境を率直に語った。 今年もファイナリスト含め、個性豊かな女の子たちが集まったミスiD。“新しいタイプの女の子”である彼女たちの今後の活躍に要注目である。(文/岡島紳士)●プロフィール岡島紳士(おかじま・しんし)アイドル専門ライター。著書、共著に『グループアイドル進化論』(まいなび)、『AKB48最強考察』(晋遊舎)、『アイドル10年史』(洋泉社)、『アイドル楽曲ディスクガイド』(アスペクト)など。公式サイト<http://idolnewsing.com>



自動車買い換えのため今ある大事にしている車の見積もりを依頼する以前に誰もが自分が乗っている車がどれだけの金額で基本的に売れるのか、すなわち引き取り額の市価を把握したいと思います。現実売却相場価格の提示してもらうときは、ハッチバックや輸入車という様な中古車の車種やリリース時期だけでなく走った距離や事故歴など様々な要素によって査定価格も異なるものですがただおおまかな売却相場がどの程度かを把握しておけば実際の中古車査定金額を見て損か得かを判断することが可能ですので引き取り金額の相場というものは知っておいたほうがいいでしょう。まずは自動車の引き取りの時価というものを知りたいというときは、インターネット買取査定が一番簡単と思います。ガリバーやラビットなど車業者のHPでサイトでの買取査定は依頼できますがいくつか比べてみるとより相場価格を見ることができます。ですがいくらインターネットで査定できるからといっても何社もの専門業者に見積もりを依頼するのは面倒くさいと思います。その中で一括査定サイトを利用するのがいいでしょう。一回だけ住む地域や車種、年式などの条件を入れれば、好条件の専門業者数社にまとめて査定を頼むことができるようになります。中古車の状態の詳細な見積もりはオンラインだけではできませんが、こちらからお店へ自分の車を使って見積もりを依頼しなくてもおおよその査定額相場が把握できます。店頭で見積もりを頼むより前に、まずだいたいの時価を知りたいと思ったら、まずは使っておきましょう。オンラインで中古車の売値査定の依頼をお願いすれば、簡単に査定価格を概算見積りしますので愛車を買取査定に出すときはとても目安になるはずです。

"車買取 高知
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。