スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者は中国へ行こう!

ホリエモンが昨日の実刑確定後の記者会見で
若者に向けてメッセージを述べていました。

「中国に行くといいんじゃないですか。」
「ずっと日本にいるのはよくない気がする。」
「絶対世界に行ったほうが良い。」

さらには「視野を広げろ!、パワーを貰え!」
とも言っていました。

これを聞いて、今後は中国を視野にいれて行動
すべきだなと思いました。

それは、すでに日本は、震災前の時点で中国に
追いつかれ、追い越されつつあったので、今後
さらにその流れが加速することが、予想される
からです。

また、そうなったときには、中国事情を知って
いたり、英語や中国語を話せた方が、選択肢が
広がるのではないかと思います。

海外で仕事を行おうとすると語学力は必須です。
飲食店で働くにも、コンビニでレジを打つにし
ても、最低限の語学力が必要になります。

万が一、中国の賃金のほうが高くなった場合は
中国に行くだけで、すぐに給料アップができて
しまうのです。

そのため、日本以外に引っ越して、すぐに仕事
を見つけて生きていけるようにするには、まず
語学を学んで、次になるべく海外関係の仕事を
しておくといいと思います。

今後は、起業してビジネスを大きくしていくの
なら中国を視野にいれて行動したほうが利益を
増やせるのではないでしょうか。

今から、英語や中国語を学んで中国に暮らして
みるというのもありかと思います。

中村清悟さんの『中国語文法講座』が続けられるわけ
網野智世子「1日20分でできるラクラク英語マスター法」のポイント
アメリカ人英語講師スティーブン・ベラルディ「ネイティブ・イングリッシュ」のポイント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。