スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語力を求められる時代の到来!

昇進・昇格に英語力を条件にする企業は増加しつつあります。
はたして、職場で外国語を話せる人はどのくらいいるでしょうか?
英語ができないと昇進もおぼつかないとあっては社員も大変ですが、一方で「グローバル企業だと理解して入社した社員ばかりなので、モチベーションは上がっています」と、語学力強化の方針に自信を見せる企業も、また増えているとか・・・。
将来的には、ほとんどの社員が英語を話せるというような時代が来るのでしょうか?
社内で講師を招いたり、外部の講座を受講する社員をサポートしたり、TOEICを受検させたり、企業側が社員の語学力向上をサポートする取り組みも活発化しているようです。
やはり、今後企業がグローバル化された社会で生き延びていくためには、英語、外国語を話せる人材は必須なんでしょうね。
ただ、ユニクロや楽天のように、英語を社内公用語にすることについては否定的な見方が多いようです。
いずれにしても、語学力が乏しい人たちにとっては、ますます厳しい雇用環境になっていくことは間違いないでしょう。

記憶王が教える非常識な勉強法!
リスニングパワーとは?
ラクラク英語マスター法!
稼げる資格、講座
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。