スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験に受かるユダヤ式記憶術について

東大法学部卒で記憶術教材を出している人物の一人に松平勝男という
人がいる。試験に受かるユダヤ式記憶術という名前だったと思う。

記憶術って、やった人にはわかると思いますけど、最初の壁があるん
ですよね。買い物リストが順番に言えたって試験に役立たないものは
意味がありません。

その点、東大大学院を出ていて難関資格40個以上に合格している
松平勝男さんが自分で実証済みとの事です。


さて、ユダヤ式記憶術の内容は、以下のようになっているようです。
受験生にとって最強の武器になる理由は大きく3つあります。
1: 長期間忘れない方法
2: 思い出すのに強い方法
3: 才能が必要ない方法
そしてこの記憶術の本質的な力は別のところにあります。
1:試験に合格するだけでなく、社会で活躍できる方法
2:自分に自信を持てる
3:仕事で武器になる方法
この記憶術を体得することによって。
「長期の記憶に残る」「応用が利く」「論点の抜けがない」という
メリットがあるそうです。資格試験に特化している教材です。

ただ、ユダヤ式の公式HPの一部を見てみると、カバラ思想を発祥とする
「生命の樹」という体系図が、記憶のための様々な体系化図式の中で最も
優れているというのが核になって・・・・。など解説されていた部分は
何の事言ってるのか良く分かりませんでした。

でも、ユダヤ式記憶術を、勉強に使う実例解説が沢山盛り込まれていて、
不要なものを切り捨てる重要性と派生事項を覚える際の留意点にも触れ
ているようです。

今からスキルアップの方法の1つとしてチェックしてみる価値はあると
思います。ちなみに販売数では、川村明宏さんのジニアスシリーズの方が
売れていました。


川村明宏 ジニアススタディー
川村明宏 ジニアス記憶術
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。