スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取引主任者になるためには

取引主任者になるためには、3つの要件を備える必要があります。

1、宅地建物取引主任者資格試験に合格していること。
2、都道府県知事の登録を受けていること。
  これに関しては、様々な欠格要件についての審査があります。
  また、資格試験に合格してからすぐに登録しなければならないというものでもありません。
  この登録を1度しておけば、宅建業に携わる携わらない関係なく消去されない限り、一生残りま    す。
3、「宅地建物取引主任者証」の交付を受けている。
  一種の身分証明のようなものですが、宅地建物取引業法では、この主任者証を取引の際に提示  することが義務付けされています。


成績アップ狙うなら、大平俊介の「大学受験+センター試験勉強法」
「合格の方程式」で記憶力・集中力・理解力を高める。
学校・資格・講座などの情報です
学校・資格・講座でスキルアップ
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。